アーキテクチャー・ラボ

   

専用住宅

     

今戸-T

 

夫婦と父親の三人が暮らす住宅。
敷地は、間口4.5m奥行き13mの細長い形状で、周囲には境界線に沿って、隣家が建ちご並ぶ。仮足場が最低限設置可能なスペースを残し、建物は建蔽率一杯に計画した。
外周部に柱のない鉄骨造にし、窓の開け方と、家具と柱のあり方を工夫することで、開放感のあるスッキリした空間にした。RC部分を蓄熱体として利用した床暖房を採用し、緩い階段でつながった住宅を、冬でも快適な環境にしている。

東京都台東区/専用住宅/鉄骨造3F/建築面積=51.19平米/延床面積=159.94平米/構造=ASA/施工=日南鉄構

PDF形式で詳細がごらんいただけます。pdf