• 住宅

町屋-I

各階で異なる印象を持つ2階建ての住宅である。

1階に個室、2階に水回りを中心にLDKを配置し、屋上をすり鉢状のルーフバルコニーとしている。

生活における機能が各階で違うことに加えて、平面的、断面的なスケール操作により、空間の広がりや明るさの違いを創り出すことによって各階の印象が異なる。

日常において使用頻度の高い階段と廊下の扱いを重要と考えた。廊下を個室やLDKと同じように扱い、さらに洗面や脱衣といった機能を持たせた。住宅全体に快適な環境を創り出すことで、廊下を通して明るさが行きわたり、各階に関係性がうまれる。

水回りを中心に配置されているLDK+廊下は、リング状に連続した空間となっていて、どこまでも続くような広がりを生み出すと同時に、様々な行為が行われる場所ともなっている。

所在地
東京都荒川区
用途
専用住宅
規模
木造 地上2階+ルーフバルコニー
建築面積
48.20㎡
延床面積
82.67㎡
設計期間
2006.12~2007.12
工事期間
2008.1~2008.8
構造設計
有限会社 吉田一成構造設計室
TOP