ブログ

カテゴリー &アーカイブ

[月別アーカイブ]

[年別アーカイブ]

2018.7.31
  • コラム

立場が変わって初めてわかったこと

昨年度に私は、1つ新しい立場を獲得しました。

それが“母親”という立場です。 今回は、母親になって初めてわかったことを1つご紹介します。

 

公共施設のトイレの通例

女性用トイレの話となります。

女性用トイレは、当たり前に全室個室。

ちょっと良いところになると、手洗い場のほかにパウダールームがついています。

ショッピングモールのトイレなんかには、 手洗い場に良い香りの石鹸や香水が置かれ、

「〇階でご購入いただけます^^」なんて、商品紹介の場として活用されていることも。

便座は、和式も時たま見かけますが、洋式が主流です。

画像にもあるように、赤ちゃん連れで入ることができるよう、

個室の一角にベビーシートが設置されていることがよくあるんですね。

 

このベビーシートが今回の問題点

ベビーシートは、大抵個室トイレの扉のロック横についているんです。

これまでの私は、何も感じることなく、 それを当たり前のこととして受け入れて生きてきました。

しかし、一母親となった今感じるのは、 このベビーシートの設置位置は間違っている!!ということ。

トイレの扉のロック脇にベビーシートがあると、

何と赤ちゃんがロックを開けようと手を伸ばすんです。

「鍵をいじっちゃダメ!待って、開けないで!待って、待って!!」

という 子連れママの悲痛な声を、この1年で何度耳にしたことか…。

 

建築は、優しさでできている

今回載せた画像は、トイレの扉から見て向かって奥に ベビーシートが設置された

ママにとって鍵を開けられる心配のない 安心できるトイレです。

もちろん、ドア横にも ベビーシートを設置できるだけのスペースはありました。

それでもドア横ではなく、奥に設置してあるということは 設計上で、

奥のほうが良いという結論が出たのでしょう。

こういったトイレが増えることを願います。

建築は、人を思うことでまだまだ優しくなれそうです。

 

文:吹井美奈子

 

2018.7.22
  • ニュース

「浅草雷門通り商店街アーケード」が台東区景観まちづくり賞の紹介番組で取り上げられます。

先日取材を受けた、台東区景観まちづくり賞の紹介番組で「浅草雷門通り商店街アーケード」が取り上げられ、下記のスケジュールで放送されます。

CATV 『J:COM台東』 (下町You-Iチャンネル)  11ch
番組名:『台東区の時間』 (台東区制作番組)

7月29日(日)~8月4日(土)
各日 9;20~9:34、13:20~13:34、
   17:20~17:34、21:20~21:34

1日4回、1週間の放送です。

よろしければご覧ください。(kon)

2018.7.15
  • コラム

夏こそ小掃除!

「観測史上最速の梅雨明け」という言葉を

 

TVから聞いたくらいに あっという間に梅雨が終わり、夏の天気ですね。

 

みなさん、体調を崩されてはいらっしゃいませんか?

 

 

休みの日でも暑さを理由(言い訳?)に、

 

室内にこもっている日が増えた方も多いのでは?

 

そんな方におすすめなのが、掃除・掃除・掃除です!

 

「暑くて動くのが嫌だから室内にいるのに、掃除なんて…」と

 

思われた方も多いことでしょう。

 

ですが、7・8月というのは、とても掃除にむいている季節なんですよ。

 

 

夏の気候が掃除に大活躍!?

 

気温が上がることで油がやわらかくなるので、

 

油汚れは落ちやすくなるので台所掃除にはピッタリ。

 

日照時間も長いので、さまざまな物を洗っても

 

日当たりの良いところに干しておけばすぐに乾きます。

 

掃除をすることで、汚れだけでなく

 

故障や劣化を早期に発見できることもあるやもしれません。

 

 

頑張りすぎないことを大切に

 

我が家では、掃除機をかける等の毎日のルーティーンのほかに

 

1箇所 注力して綺麗にすることを心がけています。

 

(我が家ではこれを、大掃除ならぬ小掃除と呼びます。笑)

 

先日は、台所の換気扇の蓋を外して、内部までしっかりと磨き上げました…♪

 

 

大掃除は、やることを1日にぎゅっとまとめるので

 

頑張れる面がありますが、これが毎日となると続きませんよね。

 

小掃除なら、1日1箇所で良いので、頑張るハードルが低く何となくで続きます。

 

 

クーラーの上、綺麗ですか?

 

いまこの文章を、冷房の効いた快適な室内で読んでいる方。

 

その冷気を送ってくれるクーラーは、綺麗ですか?

 

内部の掃除はプロに任せたほうが良いですが、

 

天井とクーラーの隙間の掃除なら、今すぐ自分でできるはず。

 

 

普段なかなか掃除しないところですから、埃が積もっているかも。

 

ぜひこの画面を閉じたら、クーラーの上をチェックしてください。

 

あなたのこの夏の小掃除の始まりです!

 

 

文:吹井美奈子

TOP