2020.10.15
  • コラム

年末大掃除スタート!

我が家は、これまでずっと

木製のキッチンペーパーホルダーを使用していました。

置き場所はガスコンロの脇で、シンクとは少し離れています。

油跳ねや水撥ねも見受けられず

ペーパー自体が湿っていることもなかったため、

カビを気にしたことはなかったのですが

ふとキッチンペーパーホルダーの底を見るとなんとカビが…。

 

場所がキッチンということもあり、怖くて即座にゴミ箱へ。

その結果、新たに生まれたのが、

トップの写真の突っ張り棒を用いて宙へと浮いたキッチンペーパーです。笑

 

 

 

今年の長雨のせいでしょうか?

それとも季節の変わり目のせい?

このできごとをきっかけに、家のあらゆる箇所を見直しました。

少し早い気もしますが、年末大掃除のスタートにもなったかも。

 

 

 

キッチン繋がりから見直し

ダイニングテーブルの下に敷いているマット。

これまでは、一般的なカーペットを敷いていましたが

ビニール素材のマット(子ども部屋のプレイマットみたいなもの)に替えました。

食べこぼしも見つけやすいため、拾いやすく

サッと拭き掃除ができるのでこれまでより衛生的になったと思います。

 

 

 

現代的?な畳のお手入れ方法

0歳と3歳を育てる我が家。

畳敷きの部屋には、プレイマットを敷き詰めていましたが

畳とプレイマットは相性が悪くカビの温床になりやすいとの記事を見つけ

即座にプレイマット取り外しを決意!

畳の劣化が怖いところではありますが、

3歳児が「この床、気持ち良いわねぇ」と気に入って寝転んでいたので良しとします。

 

ちなみに畳の掃除=箒と乾拭きのイメージがありますが、

時代は令和、室内用の箒を常備しているお宅は少ないのでは?

そんな時は、クイックルワイパーにドライシートをつけて

軽い力でお手入れしてあげるのもオススメですよ。

 

 

強い味方オキシクリーン登場

次に気になったのが、車に設置しているチャイルドシート。

移動中に子どもがグズると、お菓子で気を紛らわすこともしばしば。

食べこぼしを掃除機で吸うことはあっても、

「最後にカバーを外して洗ったのっていつ…?」な状態。

「我が家もそうだよ!」という方も多いのではないでしょうか。

 

剥がせるカバーを全て取り外して

酸素系漂白剤オキシクリーンを使って漬けおき洗い。

この日はカラッと秋晴れで、洗濯するには良い気候でした。

本格的な冬が到来してからでは、洗濯ものもなかなか乾かなくなるから

早めに大掃除をスタートするのは悪くないのかも?

 

文:吹井美奈子

(リンク先が新しくなりました!フォローをお願いします)

TOP