2020.8.31
  • コラム

棚裏のコンセント

我が家に、新しい棚をお迎えしました。

最近は、家具を配送し組み立て・設置までしてくださる業者も多くて助かります。

設置してもらうにあたり、

改めて設置場所を眺めていたら1つの問題に気が付きました。

 

 

これまでの使用方法を考えると、

どうにも棚の裏に配線を通さなくてはならない…。

棚を設置することで、見えなくはなりますが、見えないからと言って、

配線がだらりとしているのは格好悪いし、知っている以上気になって仕方ない。

「きちんとしておくなら、棚を設置する前の今しかない!」ということで、

業者が来るまでの残り30分 大急ぎで配線を壁に固定します。

 

 

 

家の中をひっくり返し、配線に使えそうなものを探します。

見つけたのは、100円ショップで購入した

壁に刺すタイプのポストカードスタンド。(製品単体の写真を撮り損ねる痛恨のミス!)

 

ちょうど良いことに2つあるではないですか。

「これだ!」と思いたち、配線を挟む形で壁にプスり。

うんうん、思いつきでやったにしては良い感じ。

 

だらりと垂れることなく綺麗ですし、

配線に直接触れる形で埃が溜まるのも防止できます。

棚裏の埃は、掃除しにくいですからね…。これで一安心です。

 

文:吹井美奈子

(リンク先が新しくなりました!)

2020.8.15
  • コラム

コロナ渦の避難について家族会議

先日、九州豪雨から1カ月というニュースを見た時にハッとしました。

「そうか、このコロナ渦で避難したり

未だ避難生活を余儀なくされたりしている方がいるのか」と。

 

 

年明け頃に流行し始めたコロナ、

夏になっても落ち着いていない・マスク着用が当たり前となっている日常を

誰が思い描くことができたでしょうか。

コロナ渦の避難・災害時について、家族で話し合いを行いましたので、

何かの役に立てば…とここに共有しておきます。

 

 

 

1.避難するのか?

不特定多数・老若男女問わず集まることが予想され、

3密を避けられのかが気になる避難所に、

果たして行くべきなのかという点から話し合いました。

 

災害時、コロナの影響を考えて避難することを戸惑ってしまいそうですが、

自身の体調が至って普通ならば、臆することなく避難しようという結論に。

ハザードマップを確認し、自宅やよく行く場所が

どういった時に危険が高い場所なのかを再確認しました。

 

 

 

2.子どもの意見も大切に

先ほどの話に続きますが、ハザードマップを利用して、

最寄りの避難指定場所となっている場所以外で、避難できそうな場所はないかも確認。

子どもも一緒になって「ここの公園は、広いけどすぐに土がベチャベチャになるんだ」

「地図だとわかりにくいけど、ここの坂はとても急でね」なんて教えをくれます。

子どもの観察眼、すごいですね!

コロナの影響を加味して、

各自治体でも避難場所を変更・追加制定する動きが高まっているそうです。

自治体のホームページを確認しておく必要がありますね。

 

 

 

3.マスク・消毒液・体温計を非常用バッグへ追加

これまでマスクは入れてありましたが、

マスクは枚数を増やし、その他2つは新規で追加。

避難先でも用意はあると思いますが、

家族専用のものがあると やはり安心が違います。

 

 

 

これ、各家庭だけでなく勤務先でも同じ話し合いが必要ですね。

もし同じように話し合いをもたれた方がいましたら、

是非ご意見お聞かせください。

 

文:吹井美奈子

(リンク先が新しくなりました!)

2020.7.31
  • コラム

浴室窓の目隠しどうしていますか?

これまで我が家は、洗面所と浴室の窓にカーテンを取り付けていました。

元々すりガラスが入っているのですが、引越して来た時に御近所さんから、

「シルエットを見るのも嫌だから、必ず見えないように対策してよね。」と

言われたのがキッカケで取り付けました。

 

いま思えば、洗面所と浴室は道路に面していませんし、

正直「え?何言ってるの?」という話なのですが…。

当時は「御近所さんと初めから仲違いするわけにはいかない」という

思いが先行していたため、カーテンを設置。

しかし、ここ最近カーテンの端にカビが。

水場用のカーテンを設置してはいましたが、劣化もあるのですかね仕方ない。

 

 

 

変化の時がやってきた

同じようにカーテンを設置しても良かったのですが、

またカビが生えるのも嫌だし、

そもそも御近所さんの言葉に付き合うのも嫌になったので。苦笑

今回は、すりガラスの上にステンドグラス風シートを貼ることにしました!

Before・Afterがわかるように

片側ずつシートを貼る前・貼った後の状態の写真にしましたが、どうですか?

 

今回私が使用したシートは、水だけで貼ることのできる手軽なもの。

簡単に剥がすことも可能なので、飽きたらいつでも別の柄に変えられるのも嬉しい点。

シートは、インターネットでもたくさん販売先を見つけられましたし、

100円ショップにもあります。是非お好みの柄を見つけてくださいね。

 

 

 

良い時期に張り替えたかも

カーテンを外したことで、

この窓からは、こんなに日が差し込んだのか!」と嬉しい発見もありました。

今の時期、だいたい夕方頃までなら電気をつける必要がないくらい明るいです。

朝風呂や掃除をするときに、電気いらずなのは嬉しい。

少しは節電にも繋がっているかな?

夏の日差し、せっかくですから有効活用していきたいと思います。

 

文:吹井美奈子

2020.7.28
  • 石川

外壁改修_相模原-S

ご相談を頂き、外壁のメンテナンスとともに色の変更を行いました。白→グレー。お引き渡しをしてから12年くらい経っていて、雨だれも気になってきたということで汚れが目立たない色へ。建物の印象も大きく変わりましたが、サッシの色ともうまくなじみ新たな建物が立ち上がったかのようです。

相模原-Sはここから見ることができます。

2020.7.15
  • コラム

押し入れ収納の見直し

前回の食器棚収納に続き、今回も我が家の収納のお話。

今回は、梅雨の晴れ間を使って押入れ収納の見直しを行いました。

 

押入れに何を入れてますか?

押入れ収納といえば、来客用の座布団や寝具セットであったり、

季節物の家電や寝具の収納が主ではないでしょうか?

ちなみに我が家は天袋の部分には、「これはいつか売るのだろうな」と思う

家電や子ども達のおもちゃの空箱を収納しています。

 

何故、空箱を捨てないか

買取をお願いしたとき、

「箱があればもう少し値段をUPできるんですけどね」と言われた経験、

皆さんにはありませんか?あれ、意外と悲しいですよね…。

というわけで、もうあんな思いはしなくて良いように、

選び抜いた品の箱だけは残しておくようにしています。合わせて保証書類も大切に保管。

 

 

 

いよいよ片付けるぞ

話を戻しましょう。押入れ収納。

前述したように、

押入れ収納の大部分を占めていると思われるのは、寝具を主とした布製品

圧縮袋にいれて積み重ねている方も多いのではないでしょうか?

我が家もそうでした。

来客があり、来客用布団2セット分を抜いた状態の写真ですが、こんな感じ。

 

圧縮収納といえば聞こえは良いですが、何だか見た目も良くないし、

たまーにビニール同士が悪さをして雪崩が起こります

そこで、もっとしっかりしている収納ケースに入れることを決意。

枕や掛け布団類は圧縮するとしても、

シングルサイズの敷布団を入れることが可能な収納ケースで、

雪崩を起こすことがないようにしっかり中に芯があるもの、できればシンプルなもの

「果たしてこんな物はあるのか…?」と探してみたら、ありましたありました。

黄色と青のロゴマークでお馴染みの某北欧ブランド。

(近隣に店舗がなくとも安心、ネットストアもあります)

 

 

 

見直し完了がこちら

押入れの高さの都合上、結局積み重ねる形となりましたが、

きちんと芯があるので雪崩が起きる心配はもう必要なさそうです。

WICなどに置く場合には、立てて収納することもできる優れもの。

今回私が使用したのは、最も大きいサイズで、

他にもサイズ展開がありさまざまな収納に活用できそうです。

 

 

 

誰でもわかるように


ファスナー位置が表面にくるようにし、

そこには100円ショップで購入したネームタグを取り付けました。

これで中に何が入っているのか、一目瞭然。

前回の食器棚収納の記事でも書きましたが、

整理した人・普段主になって使用する人 以外の人が使った時に、

すぐに分かる収納というのが、やはり理想形です。

これでまた一つ、気になっていた部分の見直しが完了。次はどこを見直そうかな。

 

文:吹井美奈子

TOP