2020.4.15
  • コラム

不要不急の外出を控え、自分の将来について考えてみる

「“自国開催の準備をしてきたのに、新型ウイルス流行につき中止”

なんてニュースが後世に残らないことを祈る限り。」と書いたことが、

まさか2021年への延期という形で現実のものとなるとは。

 

不要不急の外出を控えると、必然的に自宅にいる時間も伸びますね。

そんな時は自分の将来について考えてみるのはいかがでしょう?

今回は、終活の第一歩となることを3つの項目に分けてお伝えします。

 

 

 

リバースモーゲージの活用

リバースモーゲージというシステムをご存知ですか?

持ち家があるけれど現金での収入が少ないという高齢者をターゲットに、

銀行が持ち家を担保に老後の資金を借してくれるというシステム。

 

契約タイプによっては、契約者が亡くなった後でも

配偶者は担保の持ち家に住み続けることが可能です。

終の住処というと、

リフォーム・リノベーション・二世帯住宅または施設探し…となりがちですが、

リバースモーゲージを取り入れたら、

変わらず持ち家に住み続けられる可能性も拡がります。

人によっては、住まいを変えない方が幸せなこともありますよね。

 

 

 

故人に関するお金の話

申請に期限がありますが、お葬式や埋葬に必要な費用に対し、

各保険や組合が給付金を出してくれる制度があります。

死後に行う手続きは申請先・期限もさまざまで、ついこういった手続きまで頭が回りません。

事前に調べて、頭の隅においておきましょう。

もし故人に借金があったとしても、

必ず相続人が借金を引き継がなくてはいけないわけではありません

相続放棄は、故人の死を知ってから3ヵ月以内と、

こちらも前述同様に期限があるので注意が必要です。

 

 

 

エンディングノートの保管

終活をしていると避けて通れないのが、エンディングノート。

医療や介護に関する希望のみならず、

相続に関する希望・さまざまなIDやパスワードなどの

情報を書き留めておく方も多いそうです。

自分でペンを走らせ記入するアナログタイプのものから、

デジタルデータとして記入するものなど、エンディングノートもさまざま。

 

保管場所に適しているのは、誰でもサッと手に取れる場所ではなく、

しかし必要な時にはサッと手に取れる場所

具体例としては、御仏壇の下ですね。

玄関収納はサッと手に取れる場所ですが、誰でも手にしやすいのでアウト。

遺言書には法的拘束力がありますが、

エンディングノートには法的拘束力がありませんので、書き残す内容には注意が必要です。

エンディングノートはあくまでも、

遺族に自分の意思を伝える・遺族の手続き負担を減らすための道具として考えるのが良いでしょう。

 

 

 

終活というと良いイメージは湧きにくいしれません。

ですが、ゆっくりと自分の人生を振り返る時間と捉えたらどうでしょう?

終活をするなかで、今後やりたいこと・なりたい自分が新たに見つかるかもしれません♬

 

文:吹井美奈子

2020.3.31
  • コラム

食生活で花粉症に負けない身体つくりを

コロナウイルスの影響で、

マスクやティッシュペーパーが店頭から軒並み消失。

花粉症もちの皆さん、生きてらっしゃいますか…?

いくら「例年と比べて飛散率6割」といえど、

暖かさが日々増して、花粉の力は強さを増しています。

今回は、薬に頼るだけでなく

食生活で花粉症に負けない身体つくりをしようというお話。

 

 

 

・発酵食品

花粉症の予防食=ヨーグルトという認識も

かなり定着している気がするほど、言わずと知れた存在ですね。

この時期のスーパーのヨーグルト売り場は、

普段以上に種類豊富なヨーグルトが取り揃えられていたり、

POPに「花粉症対策に!」と書かれていたりと

売上面から見てもかなり主力商品でありそうな感じ◎

 

他にも発酵食品といえば、味噌・甘酒・糠漬けなどを挙げられます。

発酵食品には腸の善玉菌を活性化する働きがあるそうで、

腸内環境が整う→免疫力アップ→アレルギー症状の緩和へと繋がっていくそうです。

毎日の食事や間食に、手軽に取り入れられますね。

 

腸内環境を整える意味では、食物繊維も有効です。

食物繊維は、善玉菌の餌になってくれます。

大豆・さつまいも・アスパラガス・

みかん・椎茸・えのき・ワカメ…永遠と挙げていけそうです。

主食のご飯に、雑穀をプラスするのもオススメ!

(我が家では、きのこ類は小分けにして冷凍ストックしています)

 

 

 

・青魚

青魚に含まれるDHAやEPAには、

アレルギー症状を抑える働きがあると言われています。

家庭でも摂取しやすい青魚なら、イワシ・サバ・サンマあたりですかね。

青魚は缶詰もあるので、これも手軽に取り入れられそうです。

 

 

 

・油

えごま油・亜麻仁油などに含まれるα-リノレン酸にも

アレルギー症状を抑える働きがあると言われています。

炒め物を作るときの使用はもちろん、

納豆やサラダにスープ・お味噌汁に

ティースプーン1杯分の油をちょい足しするのもオススメです♪

 

 

 

正直な話

花粉たちには、もう少し他者に迷惑をかけない

繁殖方法を学んでほしいところです…笑

食べて力をつけて、負けずに頑張りましょう!!!

文:吹井美奈子

2020.3.15
  • コラム

〇〇ブーム到来!しかも健康法

さまざまなウイルスや花粉が流行っているなかで

「今の生活にプラスでできて、

ズボラな私でも長続きしそうな手軽な健康法はないかな?」と探してみたところ

何と足袋を履くだけの健康法を発見しました。

(建築現場では、土木用の地下足袋とは

やはり切っても切れない縁がありますから、嬉しい流行かも!?)

 

 

 

足袋を履いて得られるメリットとは?

・爪先が別れていることで、しっかり足の指を使った歩行ができる

→ほどよくツボが刺激されて自律神経を整えてくれる

・身体の重心が中央にくるようになり、姿勢もよくなる

→肩凝りや腰痛などの緩和につながる

 

ネットを使って調べてみると、

足袋を履くことで得られる効果が諸説載っていますが

私が実際に履いて生活して感じたのは上記2点でした!

 

ちなみに…他に得られる効果としては、

冷え性の改善・外反母趾の予防・

足指の発達に伴って土踏まずの発達などが挙げられていました。

 

 

 

足袋型 自体がブームの兆し

本当に履くだけで良いので、長続きしそうです。

始めてからの数日こそ履き心地に違和感があったものの、

ここ最近では何の違和感もなく生活しています。

足袋の形と同様の爪先の別れたパンプスやスニーカーも

流行っているようですよ!

 

皆さんも生活に足袋を取り入れてみてはいかがでしょうか?オススメです。

 

文:吹井美奈子

2020.3.10

デザイナーズFILE2020(カラーズ編著)に「銚子-H 増築」が掲載されています。

デザイナーズFILE2020(カラーズ編著)に「銚子-H 増築」が掲載されています。

ぜひご高覧ください。

2020.2.29
  • コラム

02月29日 閏日です

4年に1度の開催・尚且つ今回は自国開催である

オリンピック・パラリンピックイヤーに閏(うるう)年となりましたね!

「閏年も、オリンピック・パラリンピック同様に4年に1度」といわれがちですが

実は、ピッタリ4年ごとにやってくるものではないのです。

その理由はとても専門的で、ここに書くと長くなるので

こちらのリンク先をご参照ください…!

 

 

 

閏年のほかに閏秒も存在する

1日追加するほどではないけれど、

生じるわずかなズレを補正するために1972年から導入されたのが閏秒。

日本では、8時59分60秒という形で1秒追加挿入され

2014年までの42年間で25回、閏秒が導入されています。

 

 

 

免許更新はどうなる?

2月29日が誕生日の方に対し、

「4年に1度しか誕生日がこないんだよね!?」なんて

鉄板ジョークもありますが、道路交通法としては

2月29日生まれの人は、2月28日生まれとみなす」との文言が。

つまり、ほかの誕生日の方と変わらず 免許更新のお知らせは来るのです。

(当たり前といえば、当たり前ですね!)

 

 

 

閏年には大きなことが起こりやすい!?

日本では閏年には、

後世に残るような大きなことが起こりやすいといわれています。

2020年であれば、オリンピック・パラリンピック自国開催となりそうですね。

同じく1964年のオリンピック・パラリンピック自国開催時も閏年。

 

悪い方面でいえば、1968年の三億円事件も閏年ですし

1984年のグリコ・森永事件も閏年に発生しています。

どうか今年は、悪い方面ではなく良い方面で後世に残ってほしいものです。

 

新型コロナウイルスの影響を受け、

オリンピック・パラリンピックは、別の国での開催が噂されたり

IOCからの発表で「1年延期の可能性」なんてニュースが出たりしていますが

“自国開催の準備をしてきたのに、新型ウイルス流行につき中止”なんて

ニュースが後世に残らないことを祈る限り。

 

コロナウイルスも落ち着いて、安心して

オリンピック・パラリンピックの開催を迎えられますように。

 

文:吹井美奈子

TOP